sasanoji電台【台湾ポップス専門】

こちらはsasanoji電台第1廣播、TW-POP専門チャンネルです。

鄭宜農と康士坦的變化球の1stアルバムが再販されているので、買い逃していた方はお早めに。

令和2年6月7日、日曜日。午後9時を回りました。

こんばんは。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
人知れずコッソリ不定期放送中、フェイクラジオ・sasanoji電台です。

 

3週間ぶりの放送となりました。
前回の冒頭でお話しましたけども、ノートPCのキーボードの調子が悪くてですね~。ブログを書こうにも、1、2、e、t、u、i、o、-、\、のキーだけがメチャクチャ不安定でストレスが溜まりまくり。Windows 7ですし、これを期に買い替えようかとも思ったのですが、こんなご時世ですのでね、少しでも出費を抑えたほうがいいだろうと外付けのキーボードを買い足して延命させることにしました。現在は快適に打てております。

 

…と、まあ出てきたものの、さて何をお話いたしましょう^^;。

 

あ、先日第2廣播(Twitter)のほうで簡単に紹介した再販CDの情報でも補足しておきますか。2011年リリースの鄭宜農Enno Chengのデビューアルバム海王星と、2016年リリースの康士坦的變化球Constant & Changeの1stアルバム『擱淺的人』が、先月再販されておりました。

 

鄭宜農Enno Cheng『海王星(2011年/小白兔唱片)

2011_20190904205701

 

この作品については2011年7月、リリース直後に一度ご紹介していますね[ *1]。鄭宜農(チェンイーノン)[*2]は台湾を代表する映画監督・鄭文堂(チェンウェンタン)の娘さんで、19歳のときにお父さんが監督を務めた『夏天的尾巴 Summer's Tail』(2007年公開)で主演、スクリーンデビューしました。2009年公開の鄭文堂作品『眼淚 Tears』でも前作に続いて出演すると共に主題歌も担当。彼女が歌った『莎呦娜拉 SAYONARA』(作詞:楊大正,鄭宜農/作曲:鄭宜農)は第46屆金馬獎の【最佳原創電影歌曲】部門にノミネートされ注目を集めました。

 

 

本作海王星[*3]は、2011年に独立系レーベル・小白兔唱片White Wabbit Records(WWR)からリリースされた鄭宜農のデビューアルバムです。映画『夏天的尾巴』で音楽を担当した阿飛西雅AphasiaCicada風籟坊WindMillほか、小白兔所属のミュージシャンたちが全面バックアップしたレーベル稼働10年の精華、まさに『清冽』の二文字がピタリとハマる瑞々しさに溢れた1枚です。長いあいだ絶版状態となっていましたが、先月20日に限量黑膠(ヴァイナル)版と合わせて再リリースされました。また、YouTubeのほうでもフルバージョンを公開しています。価格はCD版がNT$450、黑膠版はNT$1200(五大唱片)。値段は今どきですけどね、CDを買い逃していた方、チャンスですよ~。

 

 

康士坦的變化球Constant & Change『擱淺的人』(2016年/海邊的卡夫卡)

Constant-change2016 

 

康士坦的變化球は2013年にInfernal Chaosの元ボーカル・CIG(闕昊為)、草莓救星We Save Strawberriesのギタリスト・ARNY(吳穎然)[*4]、梅花參Clubs of Threeのベーシスト・SION(陳佑祥)、女性バンド・糖果酒CandyWineのドラマー・小米(張譯云)によって結成されたエモポストロックバンドです。2014年に草莓救星We Save Strawberriesのギタリスト・CT(侯啟泰)がVJとして加わり、現在の5名体制となりました。康士坦的變化球Constant & Changeという風変りなバンド名は、『無常』とか『絶えず変化する』といった慣用表現の中でよく使用される『constantly changing』に由来するそうで、ちょっと哲学的なムードが漂うバンドなのかなと思ったのですけど、静から動へ、動から静へと爆発力を伴って変化する湿度の高いリズムとサウンドは、本当に生々しい。

 

 

1stアルバムとなる本作擱淺的人は、2016年12月に1976樂團のボーカル・阿凱がオーナーを務める台北のライブカフェ・海邊的卡夫卡海辺のカフカ)[*5]のレーベルからリリースされました。そういえばこのアルバム、Tapioca Milk Recordsさんによる企画『ミュージックマガジンに載らなかった台湾音楽の(大体)100枚』に入っていましたね。これまでに彼らが出したアルバムは本作のみで、なぜこのタイミングで旧作を再販してきたのか理由は不明ですが、今年、康士坦的變化球は台湾の行政機関・文化部から流行音樂製作發行補助として70万台湾元を獲得しているようなので、ひょっとすると近い将来リリースされるであろう新作に向けてのプッシュなのかもしれません。価格はNT$418(五大唱片)。ぜひ入手しておきましょう。

 

 

それでは本日のラストナンバーです。ラジオネーム・恋するウサギちゃんからのリクエストで、新人男性シンガーソングライター・邵羽Sawyerのニューシングル『把你』を聴きながらお別れいたしましょう。明日の東京の天気は曇りのち晴れ、最高気温は28℃。今日よりも1℃ほど高い予想となっております。暑そうですね。くれぐれも熱中症には気をつけましょう。皆さま、ごきげんよう。sasanoji電台でした。


YouTubeのMVが削除されてしまったので、Spotifyを貼っておきます。

 

 

緊急事態宣言は解除されましたけど、まだまだ油断は禁物ですよ~。
気を引き締めていきましょうね~。

 

 

* * * * * *

本日のオンエア曲


※鄭宜農『海王星』はラインナップなし。

 

脚注

*1:小白兔唱片の新星、鄭宜農。(2011年7月16日放送)

*2:現在はソロのほか、2013年に結成したロックバンド・猛虎巧克力Chocolate Tigerの中心メンバーとしても活動中。私生活では2013年に滅火器Fire EX.の楊大正と結婚。2016年に離婚している。

*3:Spotifyにラインナップなし。

*4:草莓救星以外にもNylasの鍵盤手、週休八日My 8 Day Weekendの貝斯手としても活躍。

*5:2005年オープン。hush!樂團が誕生した場所としても知られる。阿凱は村上春樹の大ファンで、店名はもちろん村上春樹の小説『海辺のカフカ』から。近所には挪威的森林(ノルウェイの森)というカフェもあって、お店のオープンに際しては挪威的森林のオーナーやスタッフから助力を得た。