sasanoji電台【台湾ポップス専門】

こちらはsasanoji電台第1廣播、TW-POP専門チャンネルです。

台湾ポップスを聴けるラジオ番組。

こんばんは。一週間のご無沙汰でした。
人知れずコッソリ不定期放送中、フェイクラジオ・sasanoji電台でございます。日曜の夜、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

不定期と言いながら、ここしばらく毎週出てますね^^;。

 

まあ~先週の台風19号、土曜から日曜にかけて大変なことになりましたが、大丈夫でしたか。被害に遭われた皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。また台風が来ているそうです、20号と21号、2つも。皆さま、くれぐれも用心なさってくださいね。

 

本当に今年の秋はどうしてしまったのでしょう。秋らしい秋はどこへ行ってしまったのでしょう。10月も下旬に入ったというのに天気は全然安定しませんし、紅葉の話題もほとんど聞かないですし…。こうも不順な日が続くと気分が滅入ってきてしまいますよねー。心にも身体にもカビが生えてしまいそう…。

 

本日の1曲目は、そんな気分を晴らしてくれそうなスコ~ンと突き抜けたナンバー。先月、東京・上野で開催されたTaiwan Beatsでも圧倒的な存在感で観客を魅了しておりました、台湾を代表するスリーピースバンド、敢えて言いますよ、スリーピースバンドです。Tizzy Bacの結成20周年記念テーマソング『吹動生命的風』をどうぞ。

 

Tizzy Bacの『吹動生命的風』でした。


Tizzy Bacも日本のラジオからはなかなか流れてこないですよね~。
sasanoji電台第1廣播では、ここ3回ほどラジオについてお話をしてきました。今回もゴメンナサイ、ラジオの話です。もうしばらくお付き合いください^^。

 

東京のFM局でどれくらい台湾ポップスが流れているのかな~とチェックを始めて、そのオンエア率のあまりの低さに目眩してしまったんですけど、台湾ポップスを含むC-POP、アジアンポップを専門に流している番組がいくつかあるんですね。今回はそれらの番組に注目をしてみました。

 

注目の番組、まず1つ目は、大阪のFM局・FM COCOLOで毎週火曜20時から放送中の1時間番組『COCOLO Earth Colors -CHINESE-』です。

COCOLO Earth Colors』は月曜~金曜までの毎日20時から、韓国語・中国語・英語・スペイン語ポルトガル語で放送している日替わりの外国語音楽番組で、火曜日が中国語、C-POPの日。中国浙江省杭州市出身のシャオチェンと、中国遼寧省瀋陽市出身の李佳の女性2名が交替でDJを務めています。どちらもソフトな語り口が好印象。毎回12曲前後が流れ、番組中盤にはピックアップコーナーもあります。台湾だけでなく香港や大陸などの曲も掛かりますが、選曲や構成は比較的オーソドックスで、C-POPをBGMとして聴きたい方にとっては耳に馴染みやすいのではないかと思います。番組最後のお便りコーナーは日本語。もちろんメールやリクエストも日本語でOKです。※シャオチェンさんは2020年4月14日をもって番組を卒業、5月5日から新たにゴ・センキンさんがDJに加わっています。

 

注目の番組2つ目は、 台湾を中心にアジア各地の音楽・エンタメ情報を紹介する番組『Asian Breeze』です。

こちらは中華エンタメに造詣の深い竹内将子さんがパーソナリティを務める30分番組。ラジオでの放送は2回あって、@FM(FM愛知)では土曜26時30分から、Date fm(FM仙台)では日曜21時30分から放送中。また、音楽専門インターネットラジオBackstage Caféでも月曜23時から再放送しています。流れる曲数はだいたい4曲くらい。ゲストが登場する回はトークが弾んで3曲になったりもします。『楽楽台湾』が終了した今、リアルな台湾の音楽シーンを伝えてくれる唯一の番組と言っていいかもしれません。惜しむらくは30分という放送時間の短さ。1時間あればもっと濃い情報を詰め込んだ番組になるだろうにと、本当に残念に思っています。

 

それではここで1曲。2015年結成、女性ボーカル・賴予喬を中心とする4人組客家バンド・二本貓UrbanCatの1stアルバム『光亮徬徨的閃耀年紀』から『南面伊人』です。どうぞ。

 

二本貓の『南面伊人』でした。ボーカルの賴予喬は、2018年結成の春麵樂隊ChuNoodleでも活動中で、こちらはクラリネットが2本も入っているという珍しい編成のバンドです。二本貓とはちょっと違った雰囲気を楽しめますので、ご興味のある方、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

さて、注目の番組3つ目は、北海道のFM NORTHWAVEで土曜11時30分から放送中の30分番組『美麗!台湾』です。

これ、『メイリー!タイワン』と読むんですね。ナビゲーターは台湾で活躍する日本人企業家・吉田皓一さんと、“絶賛台湾勉強中”のフリーアナウンサー・片岡香澄さん。台湾の魅力的なスポットや台北以外のエリアなど、まだまだ日本人に知られていない台湾の魅力を紹介する番組です。中国語ペラペラの吉田さんと明朗快活な片岡さんのトークがメインの情報番組で、流れる曲数は1~2曲と少なめ。2曲のときも1曲はなぜかJ-POPだったりするので、実質聴けるのは1曲のようですね。この番組の最大の特徴は、台湾に特化していること。台湾を看板に掲げているラジオ番組って、たぶんコレだけじゃないでしょうか。この番組も、あと30分長くしてほしいですねー。

 

注目の番組4つ目は、北海道のFM局・AIR-G'で水曜25時から放送中の30分番組『細川美穂のしゃべっチャイナ♪』です。

この番組は今回チェックしていて見つけました。これも北海道です。全然知りませんでした。あったんですね~、こんな番組が。もぉ~、教えてくださいよ~^^。3つ目に紹介した『美麗!台湾』の前に韓国フリーク・古家正亨さんがDJを務める『Colors Of Korea』という韓国専門番組をやっているんですけど、中国・台湾・韓国などアジアからの観光客が多く訪れる土地柄ということもあるのでしょうか。
パーソナリティは北海道出身で現在は北京在住の細川美穂さん。北京のスタジオから旬なアジアの音楽を紹介しながら、今の中国について喋っちゃってます。流れる曲数は4曲前後。大陸の曲が多めですが、台湾も結構流れています。30分番組で4曲は立派。

 

それではここで1曲。中国四川省出身の新進女性ラッパー・Vava毛衍七の新曲で『Lie』です。どうぞ。

 

Vavaの新曲『Lie』でした。Vavaは1995年生まれの現在23歳。今月29日が誕生日です。16歳のときに家計を助けるため学校を辞めてラウンジ歌手になり、2015年頃から本格的に歌手活動を開始しました。2017年に2枚のアルバム『21』と『21 PartⅡ』をリリース。今年は本作を含めてシングルを4枚リリースしています。要注目ですよ^^。

 

注目の番組5つ目は、福岡のFM局・LOVE FMで日曜朝8時から放送中の1時間番組『HOT CHINA~XIN世界~』です。

中国山西省出身のトリリンガル・Dong Xinさんがパーソナリティを務める、中国のホットな情報とC-POPをお届けする番組。“HOT CHINA”とあるとおり“中国の今”がメインなのですけど、さすが1時間番組。音楽もタップリ聴けます。曲数は8曲前後。大陸の曲が多いのかと思っていたら、台湾ポップスもそこそこ流れていますね。今週はJay Chou with Ashinの『說好不哭』、林宥嘉の『少女』、草東沒有派對の『還願』などが聴けました。情報盛りだくさん、中国語トークも多めで、中国に興味のある方はかなり聴き応えがあると思います。堅苦しくない雰囲気が日曜の朝にピッタリ。オススメです。

 

注目の番組、最後はJ-WAVE唯一のアジア専門ミュージックプログラム、金曜24時から放送中の30分番組『RINREI MUSIX ASIA』です。

ナビゲーターを務めるのは日本とシンガポールのハーフ、女優の金沢雅美さん。番組の謳い文句は“多民族・多文化・多様性あふれるアジア各地のサウンドをミックス!”ということで、中華圏だけでなく東南アジアの曲もふんだんに掛かります。結果的に台湾ポップスが流れる回数は少なくなってしまうのですけれど…。曲数は6曲前後。先週はインドネシアが4曲、マレーシアが1曲、韓国が1曲、台湾はゼロでした。リンレイのCMを含め雰囲気は良いので、アジアンミュージックに興味のある方、ぜひ聴いてみてはいかがでしょうか。

 

そのほか、InterFMで土曜19時から放送の1時間番組『ASIAN BEAT HOUSE』や、これはエリアが世界に拡がってしまうのでなかなか台湾には当たらないと思いますが、同じくInterFMで日曜24時から放送の1時間番組『世界音旅 PLAYLIST -LATE NIGHT FLIGHT-』などでも、僅かですが台湾ポップスを聴けそうです(運が良ければ)。※世界音旅 PLAYLIST -LATE NIGHT FLIGHT-は2020年3月29日をもって終了しました。

NHKラジオ第1で水曜21時5分から放送している『古家正亨のPOP★A』は韓国がメインなので注目番組からは外しましたが、台湾アーティストをピックアップすることもありますので、チェックしておきましょう。

それから、現在Tokyo FMで平日朝5時から放送中の番組『ラ・ラ・トーキョー』内にアジアの音楽を1曲だけ紹介するコーナーがあって、ときどき台湾ポップスが流れているのですけど、この番組、残念ながら今月いっぱいで終了となるそうです。Tokyo FMってJFN系列なのに『楽楽台湾』をネットしていなかったり、な~んか台湾に冷たい印象^^。

 

それでは本日最後の曲、台湾の個性派女性シンガーソングライター・許哲珮Peggy Hsuの新曲『失物之城』を聴きながらお別れです。許哲珮は昨年、自身の音楽事務所『雪人音樂』を起ち上げて、今月7日からクラウドファンディングサイト・嘖嘖zeczecでニューアルバムの製作資金を募っていたのですけど、なんと現在、目標額30万台湾元の倍、60万5千台湾元を得ています。リリースは来年になるのでしょうか。久々の新作、楽しみですね。sasanoji電台でした。おやすみなさい。

 

sasanoji電台は、とうとうradikoプレミアムに会員登録してしまいました。これで全国で流れる台湾ポップスも聴き放題!皆さまからの情報お待ちしております(但し1週間以内)。

 

* * * * * *

オンエア曲

 

* * * * * *

関連記事

台風の夜、外国人向けFM局をちょっと聴いてみた。(2019年10月13日)
続・東京のFM局では、台湾ポップスは流れているか。(2019年10月6日)
東京のFM局では、台湾ポップスは流れているか。(2019年9月29日)