sasanoji電台【台湾ポップス専門】

こちらはsasanoji電台第1廣播、TW-POP専門チャンネルです。

sasanoji radio Awards 2018 【Best Music Video】編

2018

 

おはようございます。
人知れずコッソリ不定期放送中、フェイクラジオ・sasanoji電台です。

 

2018年を振り返るsasanoji radio Awards 2018、おそらくこれが最後のS電賞になるだろうということで意気込んで書き始めていたのですが、ココログ全面リニューアル大失敗!という想定外の事態が発生してしまい、消沈…。金曲奬シーズンが迫っていることもあり、やむを得ず先日Twitterのほうで、候補の発表だけはなんとか済ませました。
でもTwitterだとタイムラインや文字数の関係で、どうしても気持ちがバラけてしまうんですね。自分としても不本意なまま終わるのはイヤですし、ここはてなに場を移してもう一度、仕切り直すことにしました。

 

では改めて、【Best Music Video】部門からスタートです。
僕が選んだ候補は、以下の6作品!

 

* * * * * *

黃麗玲A-Lin『不要不要的』(監製:做事設計)

Alin2017 

索尼音樂SONY MUSIC移籍第2弾アルバム『A-LIN同名專輯』(2017年)に収録。プロデュースは麋先生【麋宮】演唱會でステージビジュアルを担当した台北のデザインスタジオ・做事設計。動画制作は、何荔芳(臺灣藝術大學多媒體動畫藝術碩士班)、吳佳軒(實踐大學媒體傳達設計學系)、郭映汝(實踐大學媒體傳達設計學系)、古智宇(亞洲大學數位媒體設計學系)ら4名の新世代ビジュアルクリエイターたち。いちおうLyrics Videoとなっていますが、これをLyrics Videoと呼んでしまうところに台湾MVのブ厚さを感じる。第27屆金曲獎では陳珊妮の『如同悲傷被下載了兩次』が最佳音樂錄影帶獎を獲っていますし、台湾のLyrics Video、侮れませんよ。

 

林俊傑JJ Lin『小瓶子』(導演:胡瑞財)

Jj2017 

2017年リリースのアルバム『偉大的渺小』に収録。監督は1984年生まれの34歳、MVやCMで近年目覚ましい活躍を見せている胡瑞財。昨年のsasanoji radio Awards 2017でBest Music Videoに選んだ李玖哲『Will You Remember Me』も彼の作品です。主演は大陸出身の若手俳優・楊楊とCMやドラマで活躍中の若手女優・徐愷伶、子役の男の子は駱炫銘、女の子は林裔臻。『Will You Remember Me』に出ていたあの女の子ですね。だからでしょうか、その続編と思いながら観ても違和感がない。胡瑞財、ひょっとするとそのあたりも意識して撮っているのでしょうか。作品の醸し出す空気感が似ている気がします。このMVの続きもぜひ見てみたい。

 

原子邦妮Astro Bunny『謝謝你曾經讓我悲傷』(導演:黃婕妤)

Astro_bunny2017 

2017年リリースのアルバム『謝謝你曾經讓我悲傷』に収録。監督は黃婕妤。謝和弦『備胎』、田馥甄『自己的房間』、關喆『足矣』、宇宙人『現在就讓我走』、2016年のNew Media Film Festival(米)で唯一MV部門の候補に選ばれた華語作品・沈安『你要我要』など個性的なMVを撮っている女流監督です。この『謝謝你曾經讓我悲傷』もケッサクですよ~。主演は林子熙と歐陽倫(楊丞琳少年維特的煩惱』)。セーターを着ると過去に、脱ぐと現在に。やり直そうと決心するも、思い通りにならないこの焦れったさ。よく考えましたね~、コレ。どうやって思いついたのだろう。着たままやっちゃわないところに女性監督ならではのセンスを感じます。現実的なラストも…。

 

S.H.E『十七』(導演:陳奕仁)

She2018 

昨年8月に結成17周年記念としてリリースされたダウンロード専用シングル。監督は金曲奬の常連・陳奕仁(…ひょっとしてS.H.Eは初めて?)。制作は彼が2005年に設立した映像プロダクション・仙草影像工作室です。Selina、Hebe、Ella、それぞれの旅立ちからS.H.Eの誕生、活躍、そしてソロへ。喜び、悲しみ、これまでの17年間を5分37秒に凝縮した感動作。とくにSelinaの事故のシーンはもう…涙なしには見れませんでした。当時は3人ともソロ活動を活発化させていた時期で、解散説もチラホラと流れ始めていた。その矢先に起こった事故…。でもこのMVを見て僕は確信しました。3人はきっと、お婆さんになってもS.H.Eをやっているに違いないと。

 

許茹芸Valen Hsu『花粉症』(導演:劉明群)

Valen_hsu2018 

2018年9月リリースの最新アルバム『綻放的綻放的綻放』に収録。監督は有名歌手のMVや企業CMを数多く手掛けているベテラン・劉明群。昨年は林瑪黛『嗨 單細胞』、林宥嘉『火焰小溪』、許茹芸『今夜只為你歌唱』、王心凌在青春迷失的咖啡館』、『劈你的雷正在路上』等を撮っています。本作に出演しているのは女性デュオ・Dearsの安婕希(小安)。元カレ役は男性モデルの林俊廷。撮影は京都周辺で行なっていますね。叡山電鉄鞍馬線、京大前の古書店・吉岡書店も出てきました。小安が京都を巡りながら、いろんな場所で匂いを嗅ぎまくるというユニークなMV。台湾人がイメージする日本の花粉症ってこんな感じなのでしょうか^^;。

 

樂夏Leshia『彩虹』(導演:張三)

Leshia2018 

2018年11月リリース、インドネシア出身の女性シンガーソングライター・樂夏の2ndアルバム『小秘密』に収録。張三李四の張三が監督を務めています。セダンの後部座席に乗っている仲の良さそうな高校生の兄とおそらくは小学生の妹。妹は無邪気にはしゃいでいるが、兄の表情は硬い。このMV、最初はまったく気に留めていなかったのですが、候補選びで見返しているうちにどんどん引き込まれてしまって、次から次へと疑問が湧いてきて…。2人はどこから来てどこへ向かっているのだろう、両親はいるのだろうか、クルマを運転しているのは誰なのか、少年の頬の絆創膏と唇のアザはどうしたのか、彼はなぜ泣いているのか…と。どうかこの兄妹の行く末に幸あれと願わずにはいられない、異色のMVです。

 

* * * * * *

以上がsasanoji radio Awards 2018【Best Music Video】部門の候補6作品でした。
相変わらず台湾のMVは力作揃いですね。5分ほどの短い映像作品でも、しっかりとストーリーが描かれています。やっぱりこの部門が選んでいていちばん楽しい^^。

 

先日、第30屆金曲獎の候補が発表されたので追記しておきます。

【最佳音樂錄影帶獎】
deca joins『Go Slow』(導演:関山雄太)
閃靈『烏牛欄大護法』(導演:博德,Mo)
S.H.E『十七』(導演:陳奕仁)
落日飛車『Slow』(導演:Namso,Youkim)
黃若熙『十種自殺的方法』(導演:黃明志)
陳昇『台灣好』(導演:陳昇)
王若琳『Sabrina Don't Get Married Again!』(導演:Robert Youngblood)
蔡依林『怪美的』(導演:陳奕仁)

 

8本、8本ですか…!これはちょっと多すぎやしませんかね~^^;。
まあ~見ていきましょうか~。
deca joinsの『Go Slow』は、Keishi Tanakaやミツメ、Ykiki Beat、Lucky TapesなどのMVを手掛けているアートディレクター・関山雄太が監督した作品。deca joinsと台湾で共演したミツメの須田洋次郎(Dr)が出演しています。なるほど、これは話題性がありますねー。閃靈の『烏牛欄大護法』は、僕は外しました、バッサリと。これは台湾だからこそ評価されるMVでしょう。S.H.Eの『十七』は当然。落日飛車の『Slow』は僕も入れたかった本当に素敵なMVです。でも別の部門のところで紹介用に使いたかったので他の候補に席を譲りました。落日飛車がもう1本MVを出してくれていたら…入れたかもしれない。黃若熙の『十種自殺的方法』は、かなり強く印象に残った作品です。でも内容が内容だけに、僕は躊躇してしまった。これを候補に選んだ金曲奬は勇気があると思います。陳昇は『台灣好』の他にも日本で撮ったのとかいっぱい良いのがありますね。OKです。王若琳はこのMV部門とアルバムプロデューサー部門だけですか…。王若琳の自分探しの大冒険の旅、まだまだ続きそうです。蔡依林のこれはどうかなあ~、陳奕仁2本目ですよねー。ここは金曲奬の蔡依林推しが過ぎたと僕は思っていますが、どうでしょう^^。

ということで予想ですが、本命は『十七』で間違いないでしょう。対抗のほうは難しいですね、まあ蔡依林の『怪美的』にしておきますか^^。単穴は『Go Slow』。これが獲ったら大変な話題になりますよねー。僕は本命の『十七』を推しておきます。

 

追記:
第30屆金曲獎【最佳音樂錄影帶獎】は、『Slow』(導演:Namso,Youkim)が受賞しました~!落日飛車爸爸さんたち~、おめでとう~!!予想、外しました~^^;。

 

* * * * * *

関連記事

sasanoji radio Awards 2018 【Album/EP of the Year】編
sasanoji radio Awards 2018 【Song of the Year】編
sasanoji radio Awards 2018 【Best Male Artist】編
sasanoji radio Awards 2018 【Best Female Artist】編
sasanoji radio Awards 2018 【Best Group】編
sasanoji radio Awards 2018 【Best Band】編
sasanoji radio Awards 2018 【Best Newcomer Solo】編
sasanoji radio Awards 2018 【Best Newcomer Group/Band】編
たぶんこれが最後のS電賞。