sasanoji電台【台湾ポップス専門】

こちらはsasanoji電台第1廣播、TW-POP専門チャンネルです。

新・癒し系デュオ、核桃KurumiQ。

こんばんは。
人知れずコッソリ不定期放送中、フェイクラジオ・sasanoji電台です。

今回は2015年7月13日リリース予定、張瑀と張璿の双子姉妹による癒やし度の高い正妹系デュオ、核桃(フゥァタオ)の4曲入り1st EP『相信自己才是最重要的啊』(亞神音樂)をピックアップします。

 

核桃KurumiQ『相信自己才是最重要的啊』(2015)

kurumiq2015

 

まだオフィシャルのMVが出ていないので、2人が所属する音楽レーベル・貳參柒伍工作室2375studioがUPしていたPV『Q time ! U & mi』の中から、元・PiA樂團のメンバーで事務所の先輩、小松こと江松霖のインディーズシングル『思念』のカバー映像を(この曲は今作には入っていません)。

 

この癒やし度の高さ、江松霖がいた頃のPiA樂團みたいじゃありませんか~^^。女性シンガーソングライター・吳蓓雅Piaを中心とするシティポップユニット・PiA樂團は、結成以来男性メンバーが出たり入ったりしていますが、僕がいちばん好きなのはやっぱり江松霖とのデュオ時代です。これを聴くとあのなんとも言えないフンワリとした空気感は、江松霖がいてこそのものだったのかなぁ…と、あらためて感じてしまいます。

 

核桃KurumiQは雲林出身の双子の姉妹、姉・張瑀と妹・張璿による新人創作デュオです。主に張瑀がボーカルとギターを、張璿がコーラスとカホーンを担当。昨年大学を卒業したということなので年齢は20代前半、誕生日はどうやら7月13日のようです。CDリリースは誕生日に合わせたのでしょうね。2人は2011年にスタートした地元雲林の3大学(環球科技大學・虎尾科技大學・雲林科技大學)合同の音楽祭『雲弦獎』にソロやバンドで出場して活躍(虎科團體組として出場していたので虎尾科技大學出身かな?)。3年ほど前にネット上で彼女たちの存在を知った貳參柒伍工作室2375studio(男女2人組ユニット・棉花糖katncnadix2の沈聖哲と莊鵑瑛が2011年に設立した事務所)から誘われて大学卒業を期に同レーベルと契約、台北に出て来ました。正式な活動開始時期は不明ですが、2014年9月30日にクリエイターズサイト・StreetVoiceに登録、核桃KurumiQ名義でDemo音源をUPし始めています。

 

上と中央は雲弦獎の映像、下は先月27日に行なわれたLegacy Miniでのライブ『五坪宇宙』直前(6月7日)にYouTubeで配信された生映像。か、可愛いわ~^^;。

 

ユニット名の由来は、日本のロックバンド・Mr.Childrenのナンバー『くるみ』(2003年)から。『これから来る未来』という深い意味が込められた、この単純だけど美しいタイトルが気に入って日本語のまま名付けたとのこと。中文名はクルミの直訳、後ろの『Q』は形がクルミに似ているから、という可愛らしい理由でくっつけたそうです。夢を追い求める勇気、日常の些細な出来事や感情の動きをシンプルな歌にして伝える彼女たちにピッタリの名前かも。貳參柒伍工作室のメンバーと日本を訪れた際に京都の鴨川で撮影したというCDジャケットの写真からも、彼女たちのフンワリとした優しい空気感が漂ってきますよね~。

 

『五坪宇宙』ライブの予告PVと、1st EPリリース予告PV。

 

沈聖哲がプロデュースのほか、編曲、演奏、コーラス、録音など制作のほとんどの部分に携わった、彼の意気込みが伝わってくる…であろう記念すべき核桃KurumiQの初CD作品です。要チェック!

 

* * * * * *

追記:

オフィシャルMV、出ました!2曲目収録の『鹿』。MVの写真は京都で撮影しています。