sasanoji電台【台湾ポップス専門】

こちらはsasanoji電台第1廣播、TW-POP専門チャンネルです。

皇后皮箱、スーツケースはタイムマシン。

皇后皮箱QueenSuitcase『超時空歌女的快活』(2014)

queensuitcase2014
歌詞が回るぜ、マジで。何を言っているのかわからないと思うけど、買えばわかる^^。

 

今回は2014年8月1日リリース、60年代、70年代のブリティッシュロック、洋楽臭がプンプンと香る…どころではない、まるでその時代からタイムスリップでもして来たかのような男女5人組インディーズバンド、皇后皮箱(ファンホウピーシァン)の1stアルバム『超時空歌女的快活』(禾廣娛樂)をピックアップします。

 

まずは皇后皮箱のテーマソング的ナンバー、10曲目収録の『Hold Me Tight』から。最近、転職サイトのCMでもよく耳にするキング牧師の演説部分が入っている。11曲目収録の『Dreamer』は、そのアンサーソング

 

聞き覚えのあるようなフレーズがここかしこに散りばめられていて、なんとも懐かし~い!

メンバーは、楽曲のほとんどを手掛けているリーダーの阿怪Lester(Gt)とメインボーカルを務める紅一点・卡菈Carla(Vo、Key)の夫婦に、阿嘯Jason(Gt)、黑輪Blackwheel(Ba)、傑西Jesse(Dr)の計男女5名(傑西は米国留学のため2013年8月をもって離団、現在は傑克Jackが鼓手を務めている)。結成は2005年。大学時代に知り合った阿怪と卡菈のユニットを原型にスタートし、その後、阿嘯、黑輪、傑西が加入。プロフィールではメンバーが固定した2008年を正式結成年としているようです。これまでにリリースしたCD作品は2010年の1stシングル『Like I said』と2013年の2ndシングル『Killer.B/Maybe It's the Way It Will Be』の2枚のみで、本作にはその『Like I said』と『Killer.B』、『Maybe It's the Way It Will Be』を含む全11曲が収められていますが、その他の収録曲もほとんどが過去にStreetVoice等クリエイターズサイト上で発表していたものです。

 

OPナンバー『Bang!』、6曲目『Killer.B』、9曲目『Summertime』。

 

メンバー全員、The BeatlesThe Rolling StonesThe Kinksといった60年代から70年代に掛けてのブリティッシュロックが大好きで、そこにブルース、モータウン、サーフロックなど懐かしの洋楽スタイルをミックス。こだわりにこだわり抜いたビンテージサウンドは、聴いていて思わず笑ってしまうくらい気持ちがいい^^。

 

3曲目に収録の『Maybe It's the Way It Will Be』。スーツケースと言っても今風のではなくて、昔のレザートランクのイメージです。この曲は英国のデニムブランド・Lee Cooperの2013年台湾版CMソングに採用され、阿怪と卡菈が夫婦で出演しています。

 

皇后皮箱の活動の中心はライブです。音楽フェスやイベント等にも多数出演していて、2010年の第11屆貢寮國際海洋音樂祭では海洋大賞を受賞。2011年、StreetVoiceによる次世代のブレイクスルーアーティスト発掘アワード・The Next Big Thingで年度十大新團に選定。2年に一度、台北で開催される巨大音楽イベント・簡單生活節Simple Lifeには2008年から3回連続で出演しているほか、北京や香港で行なわれた音楽祭にも参加、好評を博しています。

 

こちらは5曲目に収録の新曲、『人間惆悵客』。配役にも要注目^^。

 

アルバムプロデュースは自然捲Natural Qの奇哥老師が担当しました。結成から8年という時間を感じさせないほど統一感のある楽曲群。1stアルバムでありながら、まるでベスト盤のような風格さえ漂う、ファン待望の1枚です。超推薦!

 

* * * * * *

皇后皮箱QueenSuitcase - Facebook
Lester Wu - Facebook
Carla Chung - Facebook