sasanoji電台【台湾ポップス専門】

こちらはsasanoji電台第1廣播、TW-POP専門チャンネルです。

ヨガ・リンを訪ねて、軽井沢へ。

林宥嘉Yoga Lin『大小說家』(2012)

Yoga-lin2012

 

 

これは6月22日にリリースされた林宥嘉(リンヨウジャ)の4thアルバム『大小說家』からの1曲、第二主打『勉強幸福』のMVです。『勉強幸福』…、『しかたのない幸せ』とでもすればよいのでしょうか…。過去を忘れられないでいる女性…、それを知りながら愛してしまった彼の切ない心情を、軽井沢の風景と共に叙情豊かに描いています。香港出身の名作詞家・林夕と『想自由』で滂沱の涙を流させた作曲家・鄭楠による、まさに短編小説のような珠玉のバラードです。

 

林宥嘉は6月初旬、コンサートツアーの間隙を縫って来日し軽井沢でロケを敢行しました。強行スケジュールが祟ったのか、このあとちょっと風邪をひいてしまったそうです。6月初めの軽井沢といえば最高気温は20℃くらいでしょうか。台湾は30℃…。一日で比較すればもっと大きな気温差だったはずですから体調を崩すのも無理はありません。帰国後ヨガはビタミンCを大量投入して次のステージに備えたそうです…、申し訳ない…。

ヨガと共演している女優さん…、林千又(リンチエンヨウ)さんといいます。ちょっと安達祐実似です^^。1992年生まれの19歳で、英語名はDemi Lin。15歳の頃からモデルを始め、16歳で渡米しました。現在は米カリフォルニア州立大学の大学生。中華圏では主にCMモデルとして活躍しています。要注目ですよ~^^。

 

おお~、メイキング映像がUPされていましたよ。

  

 

さて、関東甲信地方でもようやく梅雨が明け、夏の観光シーズンがやってきました。僕もどこか近場でいいから出掛けてみたいところなのですが、ガソリン代や高速代などを考えると、やっぱり…。(≧ヘ≦)

 

そこで考えてみた、『ヨガ・リンといっしょに、軽井沢めぐり!』

 

『勉強幸福』のMVには軽井沢の有名スポットがいくつも出てきます。そのロケ地をネット上で辿りながら、行った気分になろう、いや、なれるかもしれない…というバーチャル旅行です。(;ω;)

マップルとか地図持ってる人は用意して~。あと、おやつと飲み物も。
準備出来た?それでは、出発~。(◎´∀`)ノ


より大きな地図で 『林宥嘉を訪ねて、軽井沢へ』 を表示

 

まずOPのバックに出てくるのがコチラ、『白糸の滝』(カメラマーク・上)です。

001 118 403

軽井沢駅からは約10km。『北軽井沢』方面行きのバスに乗り、『白糸の滝』で下車。有料道路『白糸ハイランドウェイ』沿いにあります。無料駐車場から滝までは徒歩5分。滝の高さは3m、幅70m。水が直下に落ちるよう人工的に壁面を掘り込んでいるそうです。このルート最大の観光地です。

 

次は特徴的な窓が美しい『旧三笠ホテル』(カメラマーク・右)。2人のダンスシーンなど、ロマンティックなパートはコチラで撮影されました。

009 022 026

048 204 226

明治時代後期、日本人が設計・施工した純西洋風の木造ホテルで、多くの文化人・財界人が宿泊したことから『軽井沢の鹿鳴館』とも呼ばれていました。昭和55年に国の重要文化財に指定されています。軽井沢駅から3.5km。『北軽井沢』方面行きのバスに乗り、『三笠』で下車。徒歩2分。入館料は大人が400円、子どもは200円(共通券もあります)。開館時間は9時から17時(入館は16時30分まで)、年末年始は休館です。

 

旧軽井沢銀座』にやってきました。といってもおそらくこれは裏通りです。

036 039 309

上のGoogle Mapだと右の【かごマーク】の下に隠れてしまってますが、黄色いピンのところに『軽井沢観光会館』があります。【航空写真】から【地図】に変えてどんどん拡大していくと、表通りから少し横に入ったところ、ちょうど軽井沢観光会館の裏手に『軽井沢彫シバザキ工房』という建物があるのがわかりますでしょうか。MVでは0'35''あたり、ヨガが彼女に駆け寄るシーンに、『軽井沢…シバザ…』と入った扉が確認出来ます。MVを見ると足元がレンガ敷きではなくアスファルトですし、『軽井沢彫シバザキ』の店舗は旧軽銀座通りに面しているはず。ヨガの背後にある黒っぽい四角い箱は観光会館の掲示板か何かで、ここに映っている『シバザキ』は工房のほうではないかと想像しているのですけど…。お分かりの方、いらっしゃいましたらぜひお教えくださいませ^^。

 

さて、その旧軽銀座通りを南に進んでいただいて、ちょうど【かごマーク】のところ、トリックアートで有名な『旧軽井沢森ノ美術館』の隣にあるのが、2'47''頃に登場する『白石青果店』さんです。※公開されたメイキング映像で『旧軽井沢森ノ美術館』を訪れていたことが判明!

247 249 257

白石青果店さんは旧軽銀座にたった一軒だけ残っている八百屋さんだそうです。ヨガは帰国後のインタビューの中で、青果店のおばあさんにリンゴを貰ったエピソードを話していますが、たぶんココじゃないかなぁ。『日本に来て2日目で、やっと日本の“女の子”の手に触れた!』と、ヨガは喜んでいたそうです^^;。あ、林千又は…酒井法子みたいな雰囲気もありますね。彼女、ぜったいブレイクするヨ。おじさんが保証する。(*^ω^*)ノ彡

 

ヨガたちロケ隊一行は『軽井沢コテージイン・ログキャビン』(ベッドマーク)に宿泊しました。一部室内シーンはコチラで撮影をしています。

058 110 210

食事はログキャビン併設の焼肉としゃぶしゃぶのお店『ろぐ亭』でも出来ます。Facebookにはヨガたちのことも書いてありましたよ^^。

ろぐ亭本店 - Facebook
軽井沢コテージイン・ログキャビン - Facebook

 

いよいよこの旅のクライマックス。卑怯なくらい爽やか&ロマンティックなシーンのオンパレードとなる『石の教会 内村鑑三記念堂』(カメラマーク・左)です。

113 216 2162

219 422 430

石の教会は、『無教会思想』を提唱していた明治・大正期のキリスト教指導者・内村鑑三の功績を讃えて1988年に建設されました。光と静寂、柔らかい曲線を描く石壁の回廊…。アメリカ人建築家・Kendrick Kelloggが『屋内も自然そのもの』をコンセプトに、空間と自然との調和…オーガニック思想を具現化した独創的な教会です。上信越道碓氷・軽井沢ICから車で20分。軽井沢駅からだと車で10分、シャトルバスも出ているようです。見学は無料ですが、結婚式が行なわれる日は周辺道路が混雑し駐車場も不足するほか、見学時間も限られるようです。また挙式中は見学不可となりますので、当日の予定など事前に問い合わせてから訪れるのがよいでしょう。

 

旅のラストは感動的なこのシーンです。

344 356 401

浅間山…ですよね、たぶん。このなだらかな山容は、群馬側から見た画でしょうか…?上のGoogle Mapの青いピンのところには『浅間六里ヶ原休憩所』があります。あの方向から浅間山を見るとちょうどMVのような感じになるのですが、どこで撮ったものかはっきりとはわかりません。浅間六里ヶ原休憩所にはドッグランも併設されていますヨ。

 

なんとか最後まで辿り着けましたが、確認出来なかった場所もけっこうあります。たとえばコチラ。特徴的なのでわかりそうなんですけど…、わかります?

019
※判明しました。『軽井沢集会堂』でした。

 

これもよくわからない…。誰かの別荘でしょうか…。

013 138 317

 

ちょっと高台にあるのでしょうか…。テラス付きの建物、遠くに見える山の形も特徴的です。

340

 

これは同じような場所で撮っているんじゃないかと思うんですけど、どうでしょう…。着ている物から推定すると旧軽銀座に近いあたりなのかな…、わからないです。

302 436

 

林の中を走っているシーンはお手上げです…。

 

これらの景色に見憶えのある方、いらっしゃいましたらお教えいただけると嬉しいです。どうしても…となったら、なんとかやりくりして直接行って確かめてみるかー^^。