sasanoji電台【台湾ポップス専門】

こちらはsasanoji電台第1廣播、TW-POP専門チャンネルです。

許茹芸的ほろ酔い音楽。

許茹芸Valen Hsu『許茹芸的微醺音樂 你聽見了(我)嗎?』(2011)

Valen-hsu2011

 

許茹芸(シュルーユン)。1974年生まれ。英語名はValen Hsu。アルバムデビューは1995年。『芸式唱腔』とマスコミが名付けた透明感のある美声と独特な歌唱で知られており、李玟CoCo Lee、張惠妹A-Meiらと共に90年代後半に於ける台湾歌手『三大女神』の1人に数えられています。4歳からピアノを学び、作詞作曲をこなし、女優としても活躍。著書も多数ある才媛です。

本日11月4日、許茹芸は前作『愛。旅行。一公里』から2年4ヶ月ぶり、15枚目の標準中国語(華語)アルバム『許茹芸的微醺音樂 你聽見了(我)嗎?』(亞神音樂)をリリースしました。

 

こちらはニューアルバム予告編。

 

◎陳建騏George Chenが自信を持ってオススメしています!
いいタイミングで紹介出来ました。というより合わせました^^。陳建騏、そして魏如萱Waaとも関わりの深いアーティストです。先日、台湾の絵本作家・幾米原作のミュージカル『向左走・向右走』を取り上げましたが、昨年9月に再演された際は許茹芸が主役を演じています。この舞台には魏如萱がオリジナルから引き続いて出演しており、陳建騏も音楽監督を務めています。

◎デビュー以来彼女はちょこちょことドラマにも出演していたようで、2002年には原秀則原作のマンガ『部屋においでよ』の台湾ドラマ版『來我家吧』の主役に抜擢されています。

松たか子に似ています…^^;。

 

許茹芸は、レストラン歌手をしているところをスカウトされ、1995年に1stアルバム『討好』(上華唱片)でデビューしました。このアルバムにはTori AmosKate Bushなど海外アーティストのカバー曲も含まれていて、ここ数年の作品と比べると当時のほうが情念のこもった歌い方をしているように感じます。『討好』は台湾を含むアジア地域で40万枚を売り上げましたが、デビュー作ということもあって知名度も低く、彼女にとっては納得出来る数字ではなかったようです。

ブレイクしたのは翌1996年にリリースした2枚のアルバムからで、2nd『涙海』は120万枚、3rd『如果雲知道』は220万枚と、この年から2000年まで、アルバムを出せばことごとくミリオンセラーという天后時期となります。彼女が上華唱片What's Musicに在籍していた5年間に出したオリジナルアルバムは9枚、ベスト盤含め1300万枚以上を売り上げたトップアーティストでしたが、2001年からは科藝百代EMI Taiwanに移籍。EMIに在籍した3年間にリリースしたアルバムは企画物も合わせて4枚。ちょうどレコード業界が不振だった時期とも重なって、上華時代ほどの輝かしい成果は残せていません。その後2007年末まで、許茹芸は長い休養期間へと入ります。

 

2009年、The Wall台北でのライブから、Tori Amos『Winter』のカバーで『討好』。なるほど、Kate Bushも彼女の好みなんだろうなー、という歌い方ですね。

Unofficial

 

許茹芸が歌の世界に復帰したのは2007年12月。種子音樂Seed Musicからリリースした13枚目のオリジナル華語アルバム『北緯六十六度』では、休養前の彼女のイメージとはガラリと変わってひじょうに穏やかな、暖かく優しい歌い方になっていますね。どうやらこの長い休みの間、旅行をするなどとてもノンビリとすごしていたようです。それが心にゆとりを与えたのでしょうか、自分の作品にはプライベートな出来事や感情を反映させていると彼女は語っていたそうですが、その雰囲気は2009年7月にリリースされた『愛。旅行。一公里』へと続いてゆきます。

 

『祕密』。阿嶽(アユエ)こと張震嶽(チャンチェンユエ)、1997年の曲のカバー。なるほど~、雰囲気変わりますね~。

 

許茹芸は昨年、自身の音楽工房『ValenVoice』を立ち上げ、レーベルの思惑に縛られない創作活動を開始したようです。MVを観たところ今作ではちょっとストーリー仕立て、舞台的な演出も見られるようですね。タイトルにある『微醺』とは『ほろ酔い』という意味ですが、夜に似合う大人っぽい雰囲気の曲が揃っているのかな?何かインスパイアされる出来事でもあったのでしょうか。今後の活躍が楽しみです^^。

 

陳建騏&ファンとの対談。

 

ミュージカル『向左走・向右走』の舞台裏。

 

阿嶽のオリジナル、『祕密』。やっぱりこっちのほうが泣けるかな^^。